LABプロファイル プラクティショナー認定コース(東京・名古屋・大阪・福岡)

会場とオンライン(Zoom)で同時開催 詳しくはこちら

言葉だけで人を動かすスキルとして、
世界的に注目を集めているLABプロファイル。

LABプロファイルプラクティショナーの認定を取得するには、3通りの方法があります。
このページでは、1番目の『3日間セミナー受講』をご案内します。

1. 3日間セミナー受講

 シェリー・ローズ・シャーベイ氏から認定を受けた日本人トレーナーが講師を務めます。
 トレーナーからの直接指導を受け、受講生同士のワークで体感しながら学べる実践形式を
 ご希望の方はセミナー受講をオススメします。

 「オンラインでの受講」と「会場での受講」をお選びいただくことができます。
 日程によってはオンライン受講のみの回もございます。

2. LABプロファイルをNLPプラクティショナーコースで学ぶ

 NLPプラクティショナーコースの1日を使って、LABプロファイルの内容を学びます。

 オンライン講座(※)も特典として付きますので、自宅学習にも適しています。
 LABプロファイルを学びつつ、NLPの全体像を学ぶことができるのが、
 NLPプラクティショナーコースです。

「NLPプラクティショナー認定コース」の詳細はこちら→

 オンライン講座とは、以前に開催したシェリー・ローズ・シャーベイ氏による
 「LABプロファイル プラクティショナー認定コース」を収録した映像を、
 オンライン動画配信形式で試聴して学ぶ教材です。

3. LABプロファイルをオンライン講座+1日セミナーで学ぶ

 ご自宅などで自分のペースで学習したい方、
 動画でくり返し試聴しながらじっくりと学んで身につけたい方におすすめです。

「LABプロファイル プラクティショナー認定コース オンライン講座」の詳細はこちら→

LABプロファイルをオススメする理由

わたしたちは、普段何気なく、言葉を使ってコミュニケーションを行っています。

LABプロファイルでは、個人が発する言葉の特徴を分析し、
相手の心の傾向をつかむことを実現させたスキルです。

LABプロファイルを学ぶことによって、
主に、以下のようなメリット・効果を実感できます。

  • どのような言葉を使うことで相手の心が変わるのか?
  • 言葉だけでどうやって人に影響を与えるのか?
  • どのような言葉を使えば人は説得されやすいのか?

LABプロファイルの言葉の使い方を学ぶことで、
相手の傾向を知り、あなたも相手に対して、
影響力を持つ言葉を自在に使うことができるようになります。

 

もし、これらの内容にご興味をお持ちの方は、
下記を読み進めてください。

LABプロファイル(言語パターン)とは?

LABプロファイルの LAB は、Language and Behavior の頭文字をとったもので、
LABプロファイルとは、言葉(Language)と行動(Behavior)の関係性を分析したものです。

 
このLABプロファイルのトレーニングの世界的な第一人者、シェリー・ローズ・シャーベイ氏は、彼女の国際的なベストセラー「Words That Change Minds」で、
人がどのようにモチベーションを高めるか、人の根本的な考え方、
そして人の行動パターンを説明するLABプロファイルの動機づけと行動のパターンを
紹介しています。

 

シェリー・ローズ・シャーベイ女史

(シェリー氏の著書は Amazon.co.jp のリーダーシップ部門で1位を獲得!)

 

 
例えば、物を購入する時、物事を決断する時、物事をやるかやらないかを決める時も、
人は自分のパターンの組み合わせを使い行動しています。このパターンを研究し、
言語に反映させて人の行動やモチベーションを引き出す手法として体系化されたものが
「LABプロファイル(言語パターン)」なのです。

 
しかし、このように複雑なパターンを判断できるようになるには、
やはり本格的なトレーニングが必要となってきます。

このプログラムに参加することにより、日常や人間関係への言語パターンの活用はもとより、
コンサルタント、トレーナー、コーチの方なども、言葉(言語)を高度に扱うことが要求される
プロフェッショナルにとって、大変素晴しいスキルを手に入れることができるでしょう。

 

さあ、あなたも世界中の一流機関が称賛するトレーナーであり、
そして著者としても有名なシェリー・ローズ・シャーベイ氏の一流のトレーニングを
肌で感じてみませんか?

人はあらゆる日々の状況の中で、思考と動機付けのパターンを使って
互いにコミュニケーションしています。
そして効果的な言葉を使うことで、人間は即座に反応するようになります。

シェリー・ローズ・シャーベイ氏のベストセラー「「影響言語」で人を動かす」では、
LABプロファイルの動機づけと行動のパターンが紹介されています。

この本は、米国・英国のいくつかの大学のビジネス プログラムにて、
また、コーチユニバーシティー(Coach University)でも教科書として使われています。

The Language and Behavior Profile (LAB Profile)【言語と行動のプロファイル】とは、
最適な影響言語で気づき、最適な影響言語で人やグループに対応していくという考え方です。

 

シェリーのセミナーは、常に感動とユーモアにあふれています

LABプロファイルを学ぶことのメリット・効果

  • さらに多くの顧客を惹きつけるような、マーケティング素材を創造する
  • 最も難解で曖昧なコミュニケーション上の問題を解決する
  • あらゆる状況に適した影響の言語を習得する
  • 顧客を買う気にさせる、無意識レベルでのトリガー(購入のきっかけ)の組み合わせを
    理解する
  • 人の精神と心に届くコミュニケーション戦略を作り出す
  • 個人、チーム、そして大衆に何かを伝えるという困難な課題において、どのような行動が、
    より説得力を持つのかを推測する。
  • モチベーションとインスピレーションを高めるために、どの言語を使うのか、
    使ってはいけないのかを厳密に知る
  • 最も扱いにくいグループでさえうまく扱うことのできるような、物事を円滑に
    進めることのできるスキルを高める
  • コーチやコンサルタント、トレーナーが溢れ返る市場で、自分を際立たせる
  • 会話だけでなく、戦略的会議、いちかばちかの交渉で成功するLABプロファイルの
    パターンを習得する

LABプロファイル プラクティショナー認定コースに関して

Language and Behavior Profile (LAB Profile)

LABプロファイルとは、普段の会話でもグループでも対応できる
約12個の質問で構成されています。
人が何について話しているのかではなく、どのように答えるかに注目します。
例え相手が質問に直接返答しなくても、態度などからパターンを読み取ることができます。

こうした質問と相手からの返答のパターン識別に慣れていくことによって、
直接質問をしなくても、人のパターンを聞き取り、識別することが可能となっていきます。

 

また、その状況に最適な影響言語を即座に使えるようになります。
人は話すときに自然とその特定パターンを使うものです。言葉でも、ボディランゲージでも。
そして、あなたが相手のパターンの言語を使うと、即座に反応します。

 
全世界の多くの人々、組織がこのツールを使って、以下を実現しています:

  • 深いレベルのラポールを築き、誰とでも効果的にコミュニケーションする
  • 組織変化を実行する際の苦労を取り除く
  • 販売サイクルを短期化し、顧客の満足を保証する
  • パワフルなマーケティング、広告キャンペーンをデザインする
  • 成果を出すことに高いモチベーションを持つ人々を雇用する
  • 交渉や訴訟などでの結果を劇的に向上する
  • 多様なニーズを満足させる、トレーニングや教育プログラムを取り入れる
  • 自己知識や自己重要感を高める
  • キャリア カウンセリングとプロフェッショナル コーチングの簡略化
  • 人の弱点で苦労するのではなく、人の強みを活かして、高い業績を上げるチームを作り上げる

プログラム内容

  • 人が何かに対してものすごくヤル気になるための、6つのモチベーションのトリガー
  • 生産性を高めなければならないときに、人がどのように情報をプロセスし、環境に対処
    するのか、ストレスへの反応や、どのように納得するのかなどを表現した、8つの行動の特徴
  • 個人またはグループのパターンをどのように識別するか
  • 強い印象を残すことのできる、最適な影響言語を使う
  • 抗いがたい言語
  • あらゆるコミュニケーションの状況において、いかにこのツールを適用するか

プラクティショナー認定コースを修了した人は
LABプロファイル プラクティショナーとして認定されます
※トレーニング内容は、状況により変更になる場合もございます。
 ご了承ください。

以上がプラクティショナーコースのトレーニング内容・概要となります。

 

それでは、会場でお会いしましょう!

日本NLP協会 代表理事 全米NLP協会 公認トレーナー 芝健太

全国どこからでも受講可能!
会場受講 or オンライン受講

「会場(東京)での受講」または「オンラインライブでの受講」どちらかお好きな方法でご受講いただくことが可能です。
会場では、新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を徹底して行います。
オンライン受講は、ご自宅にいながら会場のご参加者と一緒に受講することができます。
あなたにとって学びやすい方法をお選びください。
ご参加をお待ちしております。
  • 会場でのセミナー受講風景会場での受講の様子
  • オンラインでのセミナー受講風景オンラインでの受講の様子

LABプロファイル プラクティショナー認定コース 3日間セミナー 詳細

講師 野澤 茂樹(のざわ しげき)
開催日程

【第26回】LABプロファイル®
プラクティショナー認定コース 3日間セミナー
 受付開始

講師: 野澤 茂樹

2022年 3月19日(土) ~ 21日(月・祝)

【第27回】LABプロファイル®
プラクティショナー認定コース 3日間セミナー
 受付開始

講師: 野澤 茂樹

2022年10月 8日(土) ~ 10日(月・祝)

時間 1日目  10:00~18:00
2日目  10:00~18:30
3日目  10:00~18:00

※ワークや講義の進行状況により、30分ほど延長する場合があります。
 講座終了後のスケジュールには、ゆとりを持ってご参加ください。
※セミナーの冒頭に重要なことをお伝えしております。
 途中入室の場合、講義についていけなくなる可能性がありますため、
 遅刻は厳禁とさせていただきます。

開催形式
会場とオンライン(Zoom)同時開催
・会場(東京)での受講
・自宅などオンラインでの受講(Zoomを使います)
上記のどちらかをご選択いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。
<オンラインでの受講について>
トレーニングでは、グループでのワークを多数予定しています。
双方向の顔が見えるミーティング形式で開催しますので、お顔を画面に映しての受講が必須です。
また、グループでのディスカッションやプレゼン等がございますので、周囲の音がグループワーク時に他の方の妨げにならない環境でご受講ください。
なお、ご参加方法の詳細は、お申込み手続きをされた方へ、
「メール」と「マイページ」にてご案内をさせていただきます。
オンライン受講のアクセスURLは、開催のおよそ1週間前にメールにてご案内予定です。

マイページはこちら⇒

費用
価格:130,900円(税込)
※テキスト・認定証代を含みます。
※お申込み日より1週間以内に受講料のお支払いをお願いいたします。

再受講価格

・ 3日間セミナー 再受講価格: 45,100円 (税込)

※こちらの再受講価格は、弊社のLABプロファイル プラクティショナー認定コースを終了され、LABプロファイル プラクティショナー認定資格をお持ちの方が対象です。ご希望の方は こちらの再受講申し込み よりお申し込みください。

お支払い方法 銀行振込またはクレジットカード:一括払い・リボ払い・分割払い(支払回数:3、5、6、10、12、15、18、20、24)
クレジットカード
● 領収書:お支払いが完了となると、マイページより発行が可能となります。
※銀行振込にてお支払いの場合、お申し込み日より1週間以内にお振込み下さい
開催地 【東京】東京都内/【オンライン】Zoom
会場は、お申込み後「マイページ」にてご確認いただけます。
受講対象 18歳以上の方が対象です。
備考
日本でのトレーニングに合わせ常に改善が行われますので、カリキュラムや受講条件などは、ページに記載されたものと若干異なる場合がございます。予めご了承下さい。
ご参加申込み人数次第では、開催が延期または中止になる場合がございます。尚、延期または中止の際には、開催日の7日前までにご参加者様へご連絡いたします。
本トレーニングは、録音・撮影の上、資料及び販促物として当サイトや関連サイトなどへ掲載または販売する場合がございます、ご理解の上お申し込み下さい。
尚、参加者による本トレーニングの録音、撮影は使用目的に関わらず一切禁止されています。
震災や災害、疫病の流行などにより、本トレーニングの運営上やむを得ない場合には、オンラインセミナーに変更して開催をいたします。
LABプロファイルプラクティショナー

今すぐ申し込む

お申し込みの際は 本受講規約 に同意の上、お申し込みください。

こちらの再受講価格は、弊社が主催する以下のいずれかのコースを修了された方で、
LABプロファイル プラクティショナー認定資格(Success Strategies社発行の認定証)をお持ちの方が対象となります。

『LABプロファイル プラクティショナー認定コース』
『NLPプラクティショナー認定コース』
一般 LABプロファイル プラクティショナー認定コース 3日間セミナー

今すぐ申し込む

お申し込みの際は 本受講規約 に同意の上、お申し込みください。

▲ このページのトップにもどる